第7分科会 ヘイトスピーチ

ヘイトスピーチ解消法の実効化の取り組み

 

 20166月、ヘイトスピーチ解消法という日本ではじめての反人種差別法が施行されたが、理念法であり、国及び地方公共団体においてこの法律を具体化する取組がなければ実効性が弱いものである。
 
そこで、国の取り組みについては師岡康子弁護士から、地方の取り組みについては最も進んでいる川崎についてはヘイトスピーチを許さないかわさき市民ネットワークから報告してもらった上で、各地での取り組みについて情報交換を行い、解消法を実効化する取り組みを前進させるために役立てたい。