第1分科会 女性・貧困

移住女性の就労現場から

 

 分科会「女性・貧困対策」は、いずれも移住連のサブネットワークである「女性プロジェクト」と「貧困対策プロジェクト」が共催するものです。昨年6月の徳島市でのワークショップに引き続き2度目の合同分科会で、昨年は就労支援をテーマに、NPO、民間企業、官民の連絡協議会など多彩な分野からの報告を受け、参加者も加わって活発な議論がされました。今年は、「就労」をさらに掘り下げ、就労者を定住外国人に絞らず、EPAでの来日、これから本格化する技能実習制度での介護労働にも視野を広げます。さらに、実際に就労中の移住当事者に職場の現状を報告してもらい、当事者自身の声に耳を傾け実態を共有しながら、問題点を洗い出します。参加者全員の議論で明らかになった問題点は、今秋の移住連省庁交渉で取り上げます。